blog再スタート。
最近のこと 過去のこと 書いていこうと思います。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
選手たちの声を待つ
category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
0

    No.171

                                                                                                             JUGEMテーマ:日記・一般

     

     

     子供1号との親子ケンカ 言うだけ言って 向こうがすっきりしたのか 普通の文でメールを送ってきた。

     

     言われた私は もやもや〜と引きずり 辛いですが 

     

     あのときのことだ!! って 全部覚えているので 言われて納得できることばかり。

     

     私の反省と謝罪を受け入れてくれたのかな?

     

     子供1号 私から受けた心の傷を話すと ばらばらだったピースが埋まっていく感じがすると言っていた。

     

     埋めてくだされ〜 聞きますよ。 私 反省したことは覚えてるからね。

     

     違うことは修正していく。昔の記憶は時々 作り上げちゃってることがあるから。

     

     そして 過去は すべて財産。誰かが言っていた…  

     

     それを言ってあげたい。自分にも 子供1号にも。良い思い出も 辛い思い出も 自分の財産。

     

     さて 本題。

     

     日大VS関大アメフト えらいことになっておりますね。

     

     アメフト大好きで 東京ドームへNFLが来た時 3年ぐらい続けて見に行きました。

     

     日大がこんなに遅れている ひどい大学だとは思わなかった。

     

     事故の あとの対応が悪いこと…こんな組織あるんですね ビックリです。

     

     大きくなりすぎたんじゃないでしょうか 組織が。

     

     監督のお粗末さに呆れました。私のいたチームの監督にそっくりで 腹立ってきました。

     

     私もチーム内でいじめのようなあつかいを受けましたから。

     

     期待してとかではなく見せしめで 私と3歳上の先輩の2人だけ 試合に出してもらえない。

     

     練習でも 外れさせられたりして ここになぜいるのかと わからなくなりました。

     

     監督やコーチは チーム内で ダメな人間を作り出し いじめて見せしめにして

     

     チームをまとめようとしているのではないでしょうか? 教えられない力のない監督がやることです。

     

     そして 恐怖で自分に忠実なチームに仕立てる。

     

     人間は 表面では従うかもしれないが 恐怖で支配しようとする人間には 心の中では跪かない。

     

     自分のいたチームは アメフトではないけれど 軍隊のような監督でした。

     

     行動では従っても 心の中では 絶対見せないようにして反抗してました。

     

     謝罪会見した学生さんが 監督やコーチから追い込まれていたというのを理解できます。

     

     久しぶりに 震えました。堂々と発言したこと…監督とコーチに腹が立ち

     

     怪我された選手の方が 完全に治ることを祈ります。

     

     監督とコーチは 自分の胸に手を当てて考えてほしい。魂に背くことは 精神を蝕む行為です。

     

     そして 日大の選手のみなさんは 近くで見ているはず。ここで声を上げなければ

     

     それこそ 社会に出てから何を言われるか わかったもんじゃない。

     

     正しいことを 選手みんなで声を上げるべきです。組織に負けないで。国民みんなが見守っています。

     

     アメフトじゃなく ラグビーだけど… 今こそ…

     

     一人はみんなのために みんなは一人のために…  英語がわからない。がんばれー!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    親心
    category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
    0

      No.170

                                                                                                                           JUGEMテーマ:日記・一般

       

       

       冷静に考えると 子供1号との関係が 悪いままというのは良くない。

       

       愛していることには変わりなく 可愛くて仕方ないのも変わりない。どんなに憎まれ口を言われても

       

       頭に来て もうどうにでもなれって 心の中で罵り 無視しようとかおもっても 

       

       それが 偽りの心だということに気が付く。

       

       親心とは こういうものなのか…

       

       母が生きていたら 相談できたのに… なんて 考えてしまった。

       

       私も母を責めていた 今でさえ 心の中で恨み節を言う。

       

       母も こんな気持ちだったのかな?

       

       生意気で 一人で大きくなったようなこと言って 親の辛さは考えず言いたいことばかり言った。

       

       子供への親の想いって 生意気言っても 憎らしいけど 愛しているもんだね。ごめんね お母さん…

       

       今なら 大切に優しくできるよ 遅いね今頃。

       

       傷ついた辛い思い出ばかり言い 楽しかった思い出はないのか? やってもらってありがたかったことはないのか?

       

       このままではいけないと 電話してみた。怒ってる。電話口の声がとげとげしく 声を聴きたくないという感じ。

       

       最後は 電話を遠ざけ 聞いていないのがよくわかったので 「聴いてないでしょ? じゃあね」といって切った。

       

       この広い世界で 沢山の人がいて 今この瞬間 子供と喧嘩している親がどんだけいるんだか…

       

       電話でも 「お母さんが怖くて ずっと何も言えない」というので そのことについて しっかり話せず切ってしまった。

       

       春に帰ってきたときから 私を過去のことで責め それが今もずっと続いているので 

       

       今回 鬱になっている彼氏と 家庭環境や親の悪いことを話して慰め合っていたからだと思い 別れたほうがいいのではと

       

       SMSで言ったが無視され 手紙を出したのだがそれも無視され

       

       「子供のころからずっと思ってた」 と言われたので なぜそれが今なのか やはり彼氏は引き金だと思った。

       

       お母さんが怖くて言えない…多分 彼氏と付き合うことを言えなかったのだろう。

       

       前の彼氏と別れたばかりだったから そりゃ言うでしょ。 

       

       子供2号は 彼氏できたって聞いて 「はや!!」って言ってた。みんな思うって。

       

       仕事して 稼いで もう一人前の大人。

       

       大人になって 何人の人が 間違っていることを間違っているといってくれる人がいると思う?

       

       思っていても 他人はもめたくないから 言わないって。不幸になっても関係ないもん。

       

       言われたら ほっとけって思うでしょ?親以外言える人はいないんだよ。

       

       でも それは自分が親にならないと わからないだろう。私のように。しかも 私も今 気が付いたわけで

       

       もう これ以上は言わない。彼氏のこと。自分で気が付くまで無理だ。

       

       そんな中 救いが二つあった。

       

       子供1号が 「やっと言えた」 と言ったこと。良かったね 私に言えて。

       

       もう一つは 子供2号へ 私 凹んで メールしたら 

       

       「何言っちゃってるんだ?www 子供のころ やってあげ過ぎたんじゃね?」

       

       なんて大人なんだろう…私は二人とも 怒ってきたが ひとりはトラウマになり ひとりは感謝してくれる。

       

       子育てとは 摩訶不思議なものだな…

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      comments(0) | - | PAGE TOP↑
      私がおかしいと来た!!
      category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
      0

        No.169

                                                                                                                      JUGEMテーマ:日記・一般

         

         

         昨日に続き…

         

         手紙が着いたらしい…らしいという訳は 私の手紙やSMSを無視し

         

         昨夜 夫へ 子供1号から こういう内容のSMSが届いていた。

         

         「お母さんから 長々メールや手紙が来て困っている。お母さん精神が不安定ではないですか?」だそうだ!!

         

         どっちだーーー!!不安定なこと言っているのはあーって思ったわけです。

         

         私がおかしいのかな?

         

         もう 一切メールしない。向こうから何か言ってくるまで 私からは言わない。

         

         心配もしない。なーんてヤケになりそう…できるわけがない。どんなに腹が立っても 無視されても

         

         幸せになってほしいからね。

         

         気分転換にこんな写真どうぞ

        気持ちよさそうだな…私は私の人生を歩もう。すでに歩んでいるじゃないか。

        comments(0) | - | PAGE TOP↑
        心配してますが…届かない想い
        category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
        0

          No.168

                                                                                                                        JUGEMテーマ:日記・一般

           

           

           No.167の続き…

           

           子供1号へ手紙を出しました。

           

           今日あたり着いているはず…何も言ってこない。また怒ったかな?

           

           親の小言は 脳のどこかに引っかかっていてくれれば それでいい。

           

           あとは 自分で判断することだから。忠告に納得するか しないかは 本人の気持ち次第だ。

           

           その気持ちも 今は話してくれない。どうしたいのか…今のままでいいのか 彼氏が治るのを待っているのか…

           

           そこまでの覚悟があるのか…彼氏は 子供1号と家庭を築く気があるのか 大黒柱になれるのか…今は女性も支えるけれど

           

           マイナス思考に 子供1号は かなり引きずられていたから 私は残念ではあるが 別れるべきだと思う…

           

           それを 今回伝えた。「彼氏の相談にのっていて 自分も辛かったでしょ?」と。

           

           彼氏は この機会に 心をしっかり治すべきだ。

           

           うつの時は この世の中に 自分ひとりしか見えなくなっている。経験しているからわかる。

           

           真っ暗な 深い穴の中に落ちて もがいていればまだいいが 闇の中で もがくことすらできないときは

           

           ただただ そこで泣いて過ごす毎日。なーんにも見えない ひとりきり。

           

           上を見上げる元気が出てくると 暗い穴の空に 小さな明るい点が見えてくる。

           

           必死に もがく元気が出てくると 気が付いたときは 闇の穴から抜け出して 気持ちが楽になり

           

           今度は 今まで使っていなかった たまった元気エネルギーを 外で使えるようになる。 うつから脱出したと感じる。

           

           私はこんな感じでした。ここまで 3年。そこでやっと 私の横で 支えてくれていた人たちの存在に気が付きます。

           

           もう完璧です。時が経つと 悩むことが無駄だとわかります。

           

           だから今は 彼氏には 周りを気にしないで 辛いけれど無理せず 闇の中で休んでほしい。

           

           しっかり 休まないと治らないと思う。辛いけど 寂しいけど 

           

           私は 自分で暗闇の穴から出てしまったけど 医者に行っていればもっと早く治ったかな…

           

           医者には行くべきだ。うまのあう医者だといいけれど。 

           

           うちにも 人それぞれの体験談があるのだろうね。

           

           子供1号が 前に話してくれた話では まだデートは一回しかしていないらしいし

           

           ほんと付き合いだして すぐ具合が悪化したようだから いったん友達に戻るって方法もアリだと思うけどな…

           

           アドバイスできないよ 恋愛経験まったくないからさ〜 一般論と親の考えしか言えないや。

           

           夫婦で 心配してます。特に男親は。連絡取っているのが私のみで又聞きだから

           

           夫から ポロっと出る言葉が重い 相当心配してる。

           

           「お父さんも心配している」 と それも 子供1号へ伝えなきゃな。私より夫の言葉は薬になるだろう。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          comments(0) | - | PAGE TOP↑
          うーん うーん考え中
          category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
          0

            No.167

                                                                                                                          JUGEMテーマ:日記・一般

             

             自分の言ったことに 落ち込んでます…

             

             子供1号に意見をしました。手紙にすればよかったのに SMSでしたので 長文になり

             

             怒られて そのまま返信がありません。忙しいのもあると思うのですが…

             

             今 言っておかなければならないことってあるんです。手遅れにならない内に。

             

             子供1号は大人だからと いうのを我慢していたのですが ちょっと言わなければならないことがあり

             

             親として言いました。しかし…後悔はしていないんだけれど…反応が返ってこないと 凹みます。

             

             去年の暮 彼氏と別れたと正月に聞き 

             

             よかったと家族みんなほっとしていたのですが 親が知らない間に 知り合いだった男性から告白されて

             

             春ごろから その男性とお付き合いをはじめたというので ビックリしたわけです。

             

             初めて告白されて うれしくて舞い上がったのだと思います。

             

             実はその頃から マイナス思考が強くなり 私に対して 小さい頃 傷ついたことを責めはじめ

             

             泣いたり 精神的に不安定でした。これは なんかおかしいと思っていたわけです。

             

             最近分かったことですが その男性 仕事でなのか分からないが 子供1号と付き合いだして1ヵ月で 

             

             鬱になって 今はお休みして実家へ帰ってしまっているのだそうで

             

             よく聞くと 前から具合が悪かったらしく そんな中 うちの子供1号と お付き合いをはじめたようです。

             

             まだ社会にでて間もないので 早いなどなどの他にも理由があり 物凄く心配しています。

             

             聞き役になっているらしいのですが 受け止め切れていないから 

             

             私に 子供1号が 過去の嫌だったことを言って来るのではないでしょうか?


             うつ病の人を 素人が救おうなんてしてはいけない。出来るわけがない。

             

             私は 妹がそうだったからよくわかる。一緒に暮らしている家族でさえ 受け止めるのは大変なことだ。

             

             それでも 家族だから 支えることができるとも思う。

             

             しかし 知識が必要で でたらめにかかわっては お互いに傷つき 共倒れだ。

             

             ただの心の風邪だと 思ったら大間違い。

             

             私は 妹の悩んでいる原因を 取り除いてあげたくて どんなに悩んだかわからない。

             

             それでも 知識が足りず 医者に頼れば 心無い人は 薬が良くないだの 親がいけないだの 無知な馬鹿どもが

             

             口を出してくる。親戚なんだけどね。

             

             父の姉 叔母なんだけど ご主人が鬱になり 仕事できなくなってしまい 子供の給食費も払えないほど

             

             困窮したことがある。これは 母に昔 聞いた話なんだけどね。治って 元気に働けるようになったけれど

             

             何年間も 寝たきりのような生活だったらしい。今はよい薬ができ 介護する家族も知識を学べるが

             

             部外者の 無知な素人たちが 理解しようともしないで 妹の場合なんか ただのなまけ病だとか

             

             鬱の妹に 親がいけないだの 吹き込んだりしていた。

             

             もう私は 結婚し 家に居なかったから 眠れない妹から夜遅く 電話がかかって来て

             

             子育て中の私は ほんとに辛かった。でも そのあと 妹を失ってしまい 自責の念から私が鬱になり

             

             引きこもりの生活を3年過ごすことになって どうやって子供を育てたのか 覚えていない。

             

             3年経つと これではいけない と思い始め 段々と動けるようになり 今度は引きこもるのとは逆に

             

             外へでて なにかやろう 私のこの経験を生かせないかと考えるようになって…なにもしてないんだけどね。

             

             そんなことがあって 子供1号が その男性に引きずられていると感じているわけです。

             

             私が 妹に引きずられていたから そうなのではないかと 感じるだけですが

             

             今回 SMSで 共倒れにならないように 少し距離を置くことを 意見したのでした。

             

             仕事も忙しいようで イライラしているところだったようで 余計なことと物凄くキレています!!

             

             人の意見を聞かない子で 特に最近 私に対して反抗的で 私の意見を馬鹿にして聞かないので

             

             これも もしかして その男性の影響を受けているのでは…なんて心配しています。

             

             どうしたらよいか ない脳みそフル回転して考え中。

             

             基本 子供の恋愛に反対するつもりはないんだけれど 今ならまだ間に合うと思うから反対しちゃいます。

             

             もし その人が素晴らしい人なら 鏡の様な 素直な子供1号は 良くなっているはず。

             

             本来の子供1号より 劣化しているのが納得できない。

             

             「子供が大きくなるにつれ 親の悩みも大きくなりますよ」 と言った 幼稚園の先生の言葉を噛みしめています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            comments(0) | - | PAGE TOP↑
            父に電話してみた
            category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
            0

              No.166

                                                  JUGEMテーマ:日記・一般

               

               

               久しぶりに 父へ電話してみた。ちょっと話しただけだったが 元気だった。

               

               「ばあちゃん元気か?」 と うちの義母を気遣っていたが 話している間に思い出したらしく

               

               「俺 この間 灯油のんじゃったんだわ」 私 「はあああ???」

               

               よくよく聞くと 畑で木を燃やそうとして 灯油をペットボトルに入れて持って行って

               

               暑い日だったから 畑に着いたら喉が渇いて 持ってきたペットボトルの中身を忘れて 飲んでしまったらしい…

               

               直ぐに気が付いて 吐きだしたとのこと。 

               

               うーん なんとも言えん。気を付けてとしか… アホじゃん とは 言わなかった。

               

               そういえば 昔 私が勤め先の寮を引き上げて 家で暮らすようになった結婚の少し前

               

               コタツにあたっていたら 父が来て 

               

               「○○持ってきた歯磨き粉 あれなんだ? 口の中 ねちょねちょして すすいでも取れないぞ」

               

               何言ってるんだろうかと 洗面所へ見に行くと ハンドクリームだった。

               

               周りに無関心 とにかく字を読まない 気が早い 短気 母が先回りして父を守っていた。

               

               …困ったもんだ。大丈夫かな…

               

               

               

               

               

               

               

               

              comments(0) | - | PAGE TOP↑
              私が考える働き方改革
              category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
              0

                No.165

                                                                                                                                  JUGEMテーマ:日記・一般

                 

                 

                 あっという間に終わりましたGW。

                 

                 ポケモンGOのために 毎日 良く歩きました。

                 

                 子供1号は ちょっと帰ってきて 「ご飯が美味しい どうしちゃったの?」 と 

                 

                 私の料理の腕前が上がっていることを 不思議そうに言っておりました。

                 

                 君への応援さ…とは言わなかったけれど 「帰ってきたから 気合い入れました」と言っておいた。

                 

                 私は壊滅的に 料理が下手なのだ。味音痴。なんでもうまい なんでも食べる。

                 

                 夫は正反対。匂いが臭いとか 固いとか なんだかんだ言って 口から出したりする。赤ん坊か!!

                 

                 子供1号 昨年末からの仕事のストレスで 3月にちょっと帰ってきたときは痩せていたが

                 

                 もとに戻ってきていた。私に対しても優しい。過去に私にされ傷ついたと言って攻めた あの子供1号はいない。

                 

                 やはり 仕事のストレスで 不安定になっていたんだな…親は辛いよ 変わってあげれないんだから。(No.139あたり参照)

                 

                 さて 政治にはめっぽう弱い私ですが…

                 

                 最近 働き方改革なる言葉をよく聞きます。しかし なにをどう改革するのやらわからん。

                 

                 一般人の ごく普通の主婦 50代の私が 常日頃から 誰もが幸せになるにはどうしたらいいのかと 

                 

                 模索し 子供と親…サービス業…先生… 家庭が社会の基本と考えて ここをまず 働き方改革しなきゃなって…

                 

                 人格の基本になる子供時代をしっかりすれば 社会も幸せになる。

                 

                 で、どうしたらいい? なんて 働き方改革を考えてました。

                 

                 暇人か!! なんて声が聞こえてきそうですが 仕事の電話が鳴らないので 時間の合間に脳が暴走するんです。

                 

                 考えるきっかけになったのは 子供たちの就職を考えるようになってからです。だから大真面目。

                 

                 サービス業を選ぶと 結婚して 子供が出来て とか考えると 親としては気が気ではないんです。

                 

                 私の育った環境は 自営業だったので 日曜日 親は仕事だったから 私は日曜日が嫌いだった。

                 

                 昔 土曜日 学校が半日あったのよ。あれよかったな〜楽しかった。

                 

                 日曜日は ひとりぷらぷら。 小さい頃 親のいない家に居たくなかったからね 出歩いて家に居なかった…

                 

                 私たちの新卒の頃は バブルの初め頃に就職したから 同期が数十人規模でいた。今はあのころとは違う。

                 

                 賃金テーブルがあって 毎年 給与の上昇がある頃とは違う。 あまりにも可哀想な時代…ではないのでは。

                 

                 よく考えると 私たちの就職したころが 異常だったんだと思う。

                 

                 私が考える 働き方改革は まず 世の中の常識になっている 土日休みをやめることから始めます。

                 

                 法律で 国民は必ず 一週間のどこかで週休二日休み 大型連休をどこかで取ることを定めちやう。 

                 

                 なので 学校運営も 土日休みやめる。 社会全体が365日動き続ける。

                 

                 親が月・火曜日休みなら 子供の学校も 月・火曜日休みにするんです。

                 

                 大型連休を仕事の暇な時期や 好きなときに 必ず取るようにして それに合わせて子供も休めるようにします。

                 

                 先生も 土日勤めなら 先生の子供も土日学校へ行って 親の休みに合わせられるでしょ。

                 

                 サービス業も 銀行も シフトを組んで それに合わせて 子供を学校へ通わせ 休ませられる。

                 

                 経済は 動き続けるし 休みも日本全体が重ならないから 観光地は 忙しい時と暇な時の偏りもないかな…

                 

                 ああ そうなってくれれば 私の子供たちが 土日休みじゃない企業でも 将来明るいんだけどな〜

                 

                 一番小さな集団 社会である家族。 子供と家族でいられる時間の短さ。子供はやがて大きくなり

                 

                 今度は社会を支え 親になる。みんなが幸せにならないかな〜

                 

                 

                 

                 

                 

                  

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                comments(0) | - | PAGE TOP↑
                GWは家がいい
                category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                0

                  No.164

                                                                                                                                      JUGEMテーマ:日記・一般

                   

                   昔 子供が小さい頃 ゴールデンウィークは気合いを入れて 旅行に行っていた。

                   

                   旅行が楽しみだったのですが ストレスも半端ない。

                   

                   最悪なのは 夫も疲れ 私も疲れて イライラがつのり 子供がいるのに大ゲンカ。そんなこともあった。

                   

                   子供が中学に入ると 部活があって 旅行へ行けないくなり 近所ドライブぐらいになった。

                   

                   なんて 楽なのだろうか。

                   

                   子連れ旅は 遠出よりも近間で楽しむことで充分なんだ。今頃気が付いた。遅!

                   

                   そして 今は 夫婦ふたり のんびり家で過ごすGW。幸せ〜

                   

                   それぞれに 好きなことやって終わる一日。飽きたら ちょっと二人でドライブ。

                   

                   今回 子供1号が帰ってくる。

                   

                   「わずかだけど帰ってもいい?」 なんて聞くもんだから 

                   

                   「いつでも 家なんだから 聞かなくても帰っておいで」 と言った。

                   

                   多分 この休み 私たちは ポケモンGO三昧になるだろう…

                   

                   夫がミュウツーをどうしても この休み中にゲットしたいらしい。

                   

                   できることなら 子供1号にも一緒に 倒してほしいのだが。

                   

                   バリバリのポケモン世代の子供1・2号たち。

                   

                   子供2号は帰ってこない。一時間ちょいで帰って来れるのに 「帰ってこないの?」と聞いたら

                   

                   「せっかくの休みなのに なんで帰るん?」 

                   

                   私 「はあ???」 せっかくの休みだから 家に帰るんでしょうがあああ って思ったけど

                   

                   私とは価値観が違うらしいので 言わないでおいた。それも まあ 有りでしょうから…

                   

                   遠いところに住んでいる子供1号は どうも東京に用事のついでに こちらに来るらしい。

                   

                   会えると思ったら 張り合いが出てきて ここ何日か 掃除掃除掃除。ほこりセンサーの1号が帰ってくるから

                   

                   綺麗にしておかないと くしゃみ連発で 「掃除してないでしょ」 と怒られる。

                   

                   GWは家でゆっくり。今は大忙しです。パジャマも出しておかないと。布団はまだ冬用のままなので 軽くしておかなきゃ。

                   

                   あとあと おいしいご飯 何を作ろうか…

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  comments(0) | - | PAGE TOP↑
                  おいおい義母よ それはないだろう
                  category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                  0

                    No.163

                                                                                                                                   JUGEMテーマ:日記・一般

                     

                     

                     何日か前に 義母が 鍋を焦がす という日記を書いたばかりなのですが…

                     

                     つい先日 私 えらい目にあいました。

                     

                     義母が 昔 教わっていた絵の先生が亡くなり 告別式へ車で送っていきました。

                     

                     式場で待っていても遅くなるかもしれないので 私は近くの公園でポケモンGOをやって 

                     

                     義母から電話が来るのを待っていました。

                     

                     それでも と思い 携帯に電話が来る前に 式場へ行き 駐車場で待ってました。

                     

                     着くとすぐ 携帯が鳴り 「終わったかな?中で電話してるのかな?」 と 思いながら画面を見ると

                     

                     「自宅!?」 番号表示が自宅になっている??? 私 「あれ?」 出てみると…

                     

                     義母 「○○ちゃん 私 帰ってきちゃったんだよ

                     

                        ○○ちゃんに車から降ろしてもらって 直ぐ お焼香終わっちゃって ○○ちゃんの電話番号 持ってくるの忘れちゃって

                     

                        同じ教室へ行っていた人が 乗ってきな 乗ってきな って言うから送ってもらった ごめんね」

                     

                     私  「お母さん 私 今 式場の駐車場にいるんですけど…あと携帯電話の1〜3のどれかに

                     

                        私の番号 登録されていますよね?」

                     

                     義母 「間違えて 違う人のところ かかるといけないと思って 番号書いた紙 持って歩いてるんだけど忘れたから」

                     

                     私  「はい わかりました。 携帯電話使えないんですね 帰ります」

                     

                     もう腹が立つより 呆れて。 怒りも出ない。

                     

                     気晴らしに もう一回公園に行って ポケモンGOやって帰りました。

                     

                     帰ると 「ごめんね〜」 ちょっと気まずそうに見えるけど まったく悪かったって思ってないでしょ!!

                     

                     私に 「乗っけてくれた人がさあ〜 乗ってけって言うから…」 さも強引に誘ったからみたいな言い方してたもんね。

                     

                     うちのばあさんには ストレスがない。なんでも自分が悪いとは思ってない人だから。

                     

                     一体 私はどうしたらいいんだ…今 ムカついてきた。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    comments(0) | - | PAGE TOP↑
                    バンギラス ゲットならず
                    category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                    0

                      No.162

                                                                                                                              JUGEMテーマ:日記・一般

                       

                       

                       ちょっと 具合いが良くなくて 日記を書く気がしなかった。

                       

                       今週は暑すぎる!! 辛い。 ちょっと肌寒いぐらいがいい。

                       

                       昨夜から今日までは ちょい寒くて とてもよかった。雨が降ってくれたおかげでしょう。

                       

                       のどの調子もいい。具合悪いと言いながら ポケモンGOをやるために 公園へ行って歩き回ってました。

                       

                       毎日 昼過ぎに行っていたのですが 他に何人もやっている方がいて ほっとしました。

                       

                       そんな中 レイドバトルで バンギラスが卵から生まれ そこにばらばらだった 私を含めた付近にいた4人が集まっていて

                       

                       スカートをはいた奥さんらしき人が (私より若い方だった)

                       

                       「ポケモンGOですか?」 と側にいた作業着を着ている ちょっと強面の男性に話しかけていました。

                       

                       全く知らない赤の他人同士が 力を合わせて バンギラスと戦いました。

                       

                       画面ばかり見ていたのですが ふと 顔を上げると 周りにかなりの人が集まっていて どこから来たの?って感じでした。

                       

                       私は弱くて力になれなかったのですが 知らない皆さんのおかげで倒して ゲットするチャンスをいただいた!!

                       

                       なのに モンスターボールが終わってしまい ゲットならず…ガーンΣ( ̄ロ ̄lll)

                       

                       その奥さんと 話していた強面の男性 「ありがとうございました」といって それぞれの方向へ去っていきました。

                       

                       私も 他の人も 終わると 黙ったまま去ってゆきました。

                       

                       本当に不思議な関係だ。面白い。そして 実に心地よい距離である。

                       

                       バンギラスほしかったな…

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      comments(0) | - | PAGE TOP↑
                      芝刈りしました
                      category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                      0

                        No.161

                                                                                                                                      JUGEMテーマ:日記・一般

                         

                         

                         先ほど 芝刈りを終えました。この時期やってもいいのかわかりませんが 芝が伸びていないのにやりました。

                         

                         青い芝の草の匂いが アロマテラピー とても美味しい感じ。ウシか…

                         

                         そう思いながら 深呼吸していると 風がふわっと吹いてきて 臭い 臭い あー臭い。

                         

                         家の周りの畑のどこかのお宅が 鶏糞をまいたね。思いっきり吸ってしまった。

                         

                         見えますか? うっすらと縦に 虎刈り。

                         

                        comments(0) | - | PAGE TOP↑
                        鍋を焦がす 義母
                        category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                        0

                          No.160

                                                                                                                                              JUGEMテーマ:日記・一般

                           

                           

                           一昨日 近くの山の公園へ 歩きに行ってきました。散る寸前のような桜でした。

                           

                           なーんて いい気分で帰ってきたら 家の中が焦げ臭い。

                           

                           ひゃーまたやった!!義母 鍋 焦がしたな… 昔からよく焦がす。

                           

                           うちは 簡単な後付けの二世帯で 義父が亡くなったあとも 義母とは別々に生活している。

                           

                           玄関が一緒なので どうしても 私たちは義母の生活空間を抜けて外にでるので 義母の生活の乱れが見える。

                           

                           義母が夜 カギを確認しない。 昼間に鍵をかけちゃって 外へ出ている人が入れない。

                           

                           義父が生前 よく電気を点けっぱなしにしていると怒っていた義母だが 自身もトイレ 浴室 台所を

                           

                           電気を点けっぱなしにして 忘れていることが目立つ。洗面所の水道が出しっぱなし…などなど。

                           

                           それに加えて コンロを消さずに外へ出て 鍋を焦がす。

                           

                           この間は 銀行から電話がかかって来て キャッシュカードを忘れて帰ってきた!!

                           

                           夫に話すと 「やばいな」 いや昔から 相当やばい人だったけどね。

                           

                           上の子の参観日に 下の子の面倒をお願いしてあったのに どっかで立ち話に夢中になり 時間になっても帰ってこないとか。

                           

                           やっぱり なんか持ってるんだよ。私より重いんだよ。なのに 人には完璧を求め 厳しいから困っちゃう。

                           

                           自分の生活のリズムを 崩されると もうすべてが崩れちゃう。

                           

                           そうなると 義母の生活は 昼夜逆転したりして 「寝たの 朝4時だ」とか言う。

                           

                           夫が 「ちゃんと規則正しい 生活リズムにして」 と何回も言っているが 

                           

                           新聞でも 絵でも TVでも みはじめ やり始めて集中し 面白いと思うと 止められなくなり 

                           

                           「朝までやっていた」 とか普通にある。

                           

                           昔 結婚した当初 夫が スーパーファミコンゲームの ボンバーマンをやらせたら はまっちゃって 

                           

                           私たちが朝 出勤するまでやっていたことがある。さすがに義父に怒られていた。

                           

                           スーパーばあさん といえばそうなのかな…今 86歳には見えない。かなり外見も若い。足も私より丈夫。

                           

                           さて 話を戻しますと…

                           

                           あんまり焦げ臭いので 台所へ行くと 焦げたみそ汁の鍋を見せた。

                           

                           外へちょっと なんかを取りに出ていたら 庭の草が気になったらしく 自分では少しの時間だと思ったら

                           

                           焦げていたという。草取りに夢中になったんだね。私もあるある。

                           

                           みそ汁には 気合いを入れて作っている義母なので よほどショックだったらしく 涙を浮かべているので

                           

                           「そんなに切ないの?」といったら うなずいていた。こりゃ あかーん。

                           

                           ご飯作るのも 毎朝 これとこれと これって決まっていて 必ず同じようなものを 時間をかけて作り

                           

                           時間をかけて食べるから 一食にかかる時間が物凄く長い。

                           

                           仕方ないから 朝 私が作った小松菜と練り物の煮物を持っていったら喜んでいた。

                           

                           私は義母が出来なくなるギリギリまで 自分のことは自分でやってもらおうと思う。

                           

                           多分 義母も 車の送迎以外は 人にやってもらおうとは考えていないから。

                           

                           「少し離れるときでも コンロは消そう」 と言ってみた。取りあえず義母の台所は IHだからよかった…

                           

                           しかし 朝ごはんがお昼って…一体何時に寝たのやら??? また朝までなんかやっていたのでは?

                           

                           いつもなら 10時には食べ終わっているから その日はまた 朝までなにかやっていたのだろ。

                           

                           そういえば 最近 新しい絵画教室を申し込んだと言っていたから 絵でも描いていたのかもしれないな。

                           

                           うっすら曇りと 逆光と パッドの画質で これが限界です。

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                          comments(0) | - | PAGE TOP↑
                          大室古墳群
                          category: - | author: 日曜日コロン
                          0

                            No.159

                                                                 JUGEMテーマ:日記・一般

                             

                             

                             土日は ポケモンGOをするために いろんなところへ行き 歩きまわりました。

                             

                             そんな中 前から気になっていた 大室古墳群へ行きました。

                             

                             規模の大きさに もう感動しまくりで 写真とりまくり。

                             

                             古墳ってよく考えると お墓なんだよね。

                             

                             バトルもできるし 古墳もみれる。最高にうれしい。

                             

                             諏訪大社上社 守矢記念館へ行ってからというもの 古代史に興味が出て

                             

                             いつか日本中の 古代史跡をめぐりたいと思い始め まずは今 行けるところからと思い

                             

                             ポケモンもできるので 行ったしだいです。

                             

                             ところが 道を良く調べないで出発しちゃったもので 高速道路降りたあたりから迷子に。

                             

                             写真で見て 大室というところの山際に古墳があったので

                             

                             地図で 街…村…町かな?の 車がすれ違えない細い道を やっとの思いで進み 看板を見つけ たどり着きました。

                             

                             本当に凄い古墳群です。なんで ここもっと注目されないのでしょうかね されてもいいはずです。

                             

                             6・7・8世紀ごろ 大室で馬を育てる牧場があったようです。

                             

                             長野市博物館で観た ビデオ映像では 渡来人が大勢住み着いたような説明がありました。

                             

                             渡来人 イコール 秦氏の集団のことでしょうか。厩戸皇子(聖徳太子)のころですね。

                             

                             秦氏は 大陸から沢山の 当時最先端技術を 日本列島へ持ち込んだということを本で読み

                             

                             この時 原始キリスト教(ユダヤ教に近い)も持ち込まれたという説もあり 大変興味があります。

                             

                             例えば なぜ 厩戸皇子なのか…キリストのようだって思いませんか。

                             

                             昔 小学校の頃 渡来人とは 朝鮮や漢民族と教えられましたが どうもそれだけではないようです。

                             

                             シルクロードを作った人たち シルクロードの西の端に住んでいたユダヤの民やペルシャの民が

                             

                             貿易をしながら 東の地を目指し

                             

                             何百年もの歳月をかけ 現地の人たちと溶け込みながら 自分たちの文化や信仰を忘れずに

                             

                             容姿は混血しアジア系になり たどり着いたのが日本だとすると ロマンがあるな〜ワクワクしてきます。

                             

                             きっと 秦氏は 馬を育てる技術や鉄 蚕の技術を持った優秀な集団となって 

                             

                             日本の地に 神の国を作ろうとしたのでしょうか。

                             

                             神道がユダヤ教に似ていて ユダヤ人が 伊勢神宮や諏訪大社へ来ると 

                             

                             懐かしいような気がすると書いてあったのを読むと なんか納得してしまいます。

                             

                             地球上の 人の流れを考えれば 自然なことなのではないでしょうか…

                             

                             古代中国大陸の発展も 古代朝鮮半島の発展も このユダヤの商人、ペルシャの商人たちが

                             

                             持ち込み発展させ 日本にも持ち込んだ… ああ妄想が止まらない。

                             

                             また 沖縄やアイヌの文化の独特さも 大変貴重なものだと思います。

                             

                             古代史を調べるうえで シナノ 信州 信濃は 物流の馬の拠点として重要な場所のような本もあって…もう妄想がやばいです。

                             

                             学術的に 妄想が妄想でしかないのか ちょっとは当たっているのか 証明してほしい。

                             

                             あと 四国と島根 九州にも興味シンシンでございます。京都奈良は マイブームの古代が終わってからね。

                             

                             四国は一回独身の頃に行ったけれど 金毘羅さんへいったことと オリーブしか覚えていない。

                             

                             いつか絶対 行くぞー!! 四国ぅぅぅ 待っててね〜


                             

                             

                              

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                            comments(0) | - | PAGE TOP↑
                            将棋の渡辺くん 3
                            category: 今 夢中な世界 | author: 日曜日コロン
                            0

                              No.158

                                                                 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

                               

                               

                               今朝 TVを観てましたら 将棋の棋士の方々の紹介をやっていました。

                               

                               見ていましたら なんと 漫画家の奥様が出てました!!テレビ観ててラッキー。

                               

                               本当に蚊取り線香 知らなかったんですね。渡辺棋王 床にそのまま置いちゃうんですよね。漫画情報。

                               

                               番組での紹介で 人気癸海任靴燭諭B腓靴燭發里任后子供さんが渡辺くんの将棋の打ち方がほにゃららっていってたけれど

                               

                               そこは私は分からないので 私がファンになったように 奥様の漫画も貢献しているでしょう。

                               

                               私 漫画で棋士のみなさんに興味を持って 渡辺棋王を応援しているひとりです。

                               

                               それにしても 棋士のみなさん 面白いです。個性的で。写真集出てませんかね。書店にないかな〜

                               

                               ところで 前に(No.78.153参照)「将棋の渡辺くん 3」 伊奈めぐみさん が出ていたと書きましたが

                               

                               あれからすぐ購入し 読みました。

                               

                               記事を書いた後 一番近くの書店に行ったら 3巻がなくて別の書店へ。

                               

                               そこにもなくて 結局 家から離れた はじめに見つけた書店で購入することに。

                               

                               やっぱり ほのぼのする〜 あったかくなる漫画です。

                               

                               今回は藤井聡太くんが出てまして おおーって思いながら読みました。

                               

                               テディーベアの前で 1時間も話しているなんて面白すぎ。私もぬいたち 大事にしようって思います。

                               

                               渡辺くん もとい 渡辺棋王 がんばれ〜

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                              comments(0) | - | PAGE TOP↑
                              Σ(゚Д゚;エーッ!雪だ
                              category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                              0

                                No.157

                                                                JUGEMテーマ:日記・一般

                                 

                                 

                                 外をみましたら 雪がもかもか降ってます。

                                 

                                 ビックリです。まだ花見に行ってないのに…

                                 

                                 昨日は子供2号から 「近所に雷が落ちて テレビが映らない」 というメールが来た。

                                 

                                 壊れたと思って慌てたら アパートのアンテナが壊れたらしい。

                                 

                                 子供1号も 少し 安定してきた。

                                 

                                 私も マイナスに浸ることが好きな脳をなんとかして 前向き思考にしていきたい。

                                 

                                 まだ起こっていもしない将来への 漠然とした不安も 心配なんてしたって仕方ない。

                                 

                                 未来の暮らしは 良くなるに決まっている。明治大正昭和…平成の暮らしは格段に便利になり良くなっている。

                                 

                                 人生は何とかなるものだ。って自分に言い聞かせよっと。


                                 

                                comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                土俵ね〜
                                category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                0

                                  No.156

                                                                                                                                         JUGEMテーマ:日記・一般

                                   

                                   

                                   今 女人禁制を 女性差別だとか言っているけれど それは違うと思う。差別じゃないと思うんだ。

                                   

                                   確か 相撲は 古事記までさかのぼっていくけれど 

                                   

                                   一番の問題は 今のテレビ中継されている大相撲が 神事と言えるのかどうか という問題なのではないかな。

                                   

                                   今の中継されている相撲は、神事ではないと思う。ただの勝つか負けるか お客さんがどれだけ入るか

                                   

                                   神様へささげる戦いではないのでは? 組織が巨大になり 利益追求の それだけになってしまっていてるのでは?

                                   

                                   神事といえる相撲で思い浮かぶのは 私たちには見えない神様と ひとり相撲を取る 愛媛県の神社で行われる神事です。

                                   

                                   あの相撲は 本当に素晴らしいと思う。

                                   

                                   そして 今回の土俵降りてください問題は これから 変わらなければならない相撲協会への布石になったね。

                                   

                                   差別ではないけれど もう 今の大相撲では 神事 伝統は 通らない時代に入ったということですね。

                                   

                                   海外の力士を受け入れ 門が開かれた時点で 国際的な基準にならなければならない ということなのかな。

                                   しかも 倒れた人の命がかかっているわけだから… 私が倒れた人ならば 誰でもいいから助けてほしい。

                                   

                                   助けた人も 人を救う使命があるわけで あそこで出て行けるのは 勇気ある素晴らしい行動だ。

                                   

                                   女性市長が土俵で 表彰状が渡せないのも 登ってもいいのでは?

                                   

                                   あと 女の子の力士も登ってもいいのでは?

                                   

                                   今回のこと 女性差別では決してない。

                                   

                                   けれど もうテレビでやっている大相撲は ファンからすると 神事の相撲という認識とは違ってしまっている気がする。

                                   

                                   スポーツとしてとらえた相撲大会があってもいいのではないかな?

                                   

                                   神事にこだわらない相撲があってもいいのではないだろうか…

                                   

                                   とりあえず 今回のことは 女性差別ではない 日本の神様には男と女がいて ってところを 

                                   

                                   日本のマスメディアに 海外へ発信してほしい。

                                   

                                   話がそれるけど…

                                   

                                   今 読んでいる ユダヤと日本の関係(イスラエルの失われた10支族)の本に 

                                   

                                   神道とユダヤ教には共通点があり (ムー的な話題ではなく 大真面目)

                                   

                                   ユダヤ教徒は 相撲が女性禁制 塩をまく行為 塩で清める行為 を理解できるのだそうです。

                                   

                                   同じような塩で清める習慣があるそうで。あと女性の月の物を 不浄なものとして その間 入れないところなどあるようです。

                                   

                                   香港映画の「少林サッカー」を観た時も 肉まん屋のおばさんが 主人公が帰った後 

                                   

                                   「塩 まいておきな」 みたいなこと言っていたシーンがあったっけ。

                                   

                                   世界の中で 塩を清めに使う習慣がある人は 日本人の持つ 神道の価値観を理解できる人たちだとしたら… 

                                   

                                   市長が倒れたこと 女性が土俵にあがったこと それらを清めるために 塩が沢山盛られたとか TVで言っていたけど 

                                   

                                   もしかしたら 欧米や欧州が騒ぐほど 深刻に女性差別だなんて思っていない人も 世界のどこかにいるかもしれない。

                                   

                                   また 今読んでいる本について 書きたいと思います。全部信じているわけではないけれど 面白い内容です。

                                   

                                   日本人とは DNAも 古事記も 縄文も 平安も 京都も 四国も 九州も 諏訪も 実に面白い。

                                   

                                   私の価値観や 歴史が ひっくり返るような本の内容でしたのよ。また後日 気が向いたら…

                                   

                                   はじめの話から かなり脱線しました。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                  気候のせいにしたい
                                  category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                  0

                                    No.155

                                                                                                                                     JUGEMテーマ:日記・一般

                                     

                                     

                                     眠くて仕方ない。睡眠障害でもあるのかな…無呼吸症候群などなど

                                     

                                     それにしても 暑すぎる。気持ち悪い。車のクーラー入れちゃってます。

                                     

                                     こうしている間も 寝てしまいそうになる。急に暑くて 思考シャットダウン。

                                     

                                     ちょっと 落ち込みそうになって 浮上するためにどうしようかと考えたりしてました。

                                     

                                     私が 子供1号との関係に悩んで うつうつしている。(No.149参照)

                                     

                                     帰った後 もう 大丈夫と思ってみたものの 自分がしてしまったことに対し 自責の念で立ち直れていたい自分がいる。

                                     

                                     どうしたらいいの なんて考え始めちゃって また 子供1号に やり過ぎてしまいそう。

                                     

                                     私も義母と同じだな…相手が 何 考えているのかわからない。

                                     

                                     SMS送っても 「お母さんの日本語おかしいよ」 と 来た。

                                     

                                     文がおかしいらしい。日本語苦手だ。文字が苦手。読むのも書くのも。

                                     

                                     勉強しなかった とかそういうレベルの問題じゃない。私に備わっていない能力だ。

                                     

                                     パソコンで打つと 文法はめちゃくちゃかもしれないけど いちお 書ける。

                                     

                                     ああ 嫌だよー 悩んでいる自分が。もう子供1号との関係考えても仕方ないじゃない。

                                     

                                     離れて暮らしているから 修復も出来ない。

                                     

                                     気を使う…子供に。私の親もそうだったのかな…

                                     

                                     大人になって 生意気な口を利くようになった子供との関係。

                                     

                                     親へのダメ出し。着ているもの 作る食事 体型 髪型 考え方の違い 

                                     

                                     今は どっちの気持ちも よくわかるから困る。

                                     

                                     春の不安定な気候のせいかな。仕事探しにハローワークの前まで行ったけど

                                     

                                     勇気がでなくて 帰ってきちゃった。

                                     

                                     そしたらば 家の仕事で電話がよく鳴り 働きに行かない言い訳が自分にできる。

                                     

                                     なにか 習い事でもして 考える時間をなくそう。右手と左手入れ替えるのも いつのまにかやってないじゃないの〜

                                     

                                     

                                     

                                     

                                    comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                    夫のエイプリルフール
                                    category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                    0

                                      No.154

                                                                                                                                                          JUGEMテーマ:日記・一般

                                       

                                       

                                       ニュースで知ったのですが 昨夜 Toshiさん YOSHIKIさん TVに出ていたのですね。

                                       

                                       二番組とも普段見ないので チェックしてなかった。記事で読めたのでいいか…

                                       

                                       今日は 昼寝をしすぎ お昼食べた後 寝て 起きたら4時だった。脳が腐るか。

                                       

                                       今日は 夫が気持ち悪かった。

                                       

                                       エイプリルフールなので 友達にいたずらをしたらしく スマホを見ては クスクス笑っていて きもちわる〜い。

                                       

                                       昨年 いたずらをされたらしく 今年は張り切って Twitterで仕掛けたらしい。

                                       

                                       私はやらないので 何をどうしたのか知らないが 「ニヤニヤしてて 気持ち悪いよ」 と言ったら

                                       

                                       アカウントとアイコンと 自己紹介を変えて メイドカフェ定員の女性になって つぶやいたらしい。

                                       

                                       スマホみて 反応を読んでは めちゃくちゃ大笑いしている。

                                       

                                       うちでは 私が本気にするのでやめたらしい。それか 面倒になったのかな。

                                       

                                       結婚して何年かは よく本当のような嘘をついて いつ考えているんだろうって不思議に思ったものだ。

                                       

                                       しかも ものすごく 気合いの入った嘘で 本当かと思っちゃうような大きな嘘だった。

                                       

                                       会社の同期にも 仕掛けているらしく 「○○さんも本気にして 面白かった〜」なんてホクホクで帰ってきたっけ。

                                       

                                       年なのかな やらなくなったってことは… 

                                       

                                       そんな 夫…

                                       

                                       朝 桜 見に行こう って誘っているのに 動かない。ポケモンGO やりに行こうよ っていっても 動かない。

                                       

                                       今日は 夫 動かない日のようだ。

                                       

                                       そうだ! 夫よ どこか行くより 早く普通タイヤにしなきゃ。もう雪 降らないよ。

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                       

                                      comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                      将棋の渡辺くん 今朝の新聞に!!
                                      category: 今 夢中な世界 | author: 日曜日コロン
                                      0

                                        No.153

                                                                                                                                                      JUGEMテーマ:日記・一般

                                         

                                         

                                         今朝の新聞 読んでましたら うれしい記事が載っていて テンション上がってます。

                                         

                                         渡辺棋王 6連覇 第43期棋王戦  おめでとうございます。

                                         

                                         よかった〜。 年初めのニュースで 落ちちゃったとかなんとかと言っていたので 

                                         

                                         「まあそういう時もあるさ 若いんだから これから これから」と思ってましたが こんなに早く訪れるとは!!

                                         

                                         私は 将棋のこと まったくわかりません。(No.78参照)

                                         

                                         書店で出会った 渡辺棋王の奥様の漫画で 将棋のプロに対して 一気に親しみを感じるようになりました。

                                         

                                         一風変わった面白い人たちの集団? いやちがう… 渡辺くんが 可愛く見えてまいりました。

                                         

                                         知らない時は 私の妄想ですが… 将棋のプロの人たちは 勝負に生きているので どこか冷淡で近づきがたく

                                         

                                         ご家庭も洗礼されていて古風な 奥様方も きっちりしっかり セレブのようなお高い感じ…なんて 想像しておりましたが

                                         

                                         漫画の渡辺家は 事実と書かれておりますが 奥様の子育て生活は まったく うちのような生活であります。

                                         

                                         そうだ!これから書店に行かなきゃ。今月金欠だけど この間 将棋の渡辺くん3巻 見つけたんだった!!

                                         

                                         新聞の写真の渡辺くん あごひげ生やして ちょっとワイルドになって 似合ってる。ひげ いい感じです。

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                         

                                          

                                         

                                         

                                        comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                        夜明けのランナウェイ BON・JOVI
                                        category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                        0

                                          No.152

                                                                                                                          JUGEMテーマ:今聴いてる音楽教えてください!

                                           

                                           

                                           

                                           衝動買いをしてしまった。本当は違うレコードがほしかったのに

                                           

                                           CDで持っているくせに ジャケットみたら飛びついてしまいました。

                                           

                                           持っているのは ベストだから このアルバムはない。(言い訳)

                                           

                                           懐かしい時代を思い起こす一曲。 BON・JOVI   夜明けのランナウェイ 

                                           

                                           私 17から18の頃 そのころって 高卒で社会に出て まだ右も左もわからない時で

                                           

                                           教わってきた道徳とか 植えつけられた価値観とかを駆使して 正しく生きているんだけど

                                           

                                           社会の汚さとか 教わってきたこととの矛盾とかで ズタボロになる頃だよね

                                           

                                           まだその時代 カセットテープ。 よく聴いていた一曲だ。

                                           

                                           久しぶりに聴いたら 「懐かしい やっぱりいいな〜」

                                           

                                           ジャケット見ながら 「はあ かっこいい〜」

                                           

                                           これは断じて 衝動買いではない 私のところにくる 運命の出会いだ。

                                           

                                           それにしても 前に持っていた人 大切にしていたんだな〜 新品みたい 美品だ。

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                          ポケモンGOのお陰で…
                                          category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                          0

                                            No.151

                                                                                                                                                       JUGEMテーマ:日記・一般

                                             

                                             

                                             昨日は 「ポケモンGOをやりに行こう」 と 夫に誘われ あまり行かない公園へ行った。

                                             

                                             私は 軽くポケモンGOをやっているが 夫は以前書いたように かなりのゲーマーで熱心だ。

                                             

                                             なんたって学生時代に ゲームセンターでバイトしていたぐらい好きなわけでして ゲームと付くものは

                                             

                                             PCゲーム以外はなんでもやる。(No.55参照)

                                             

                                             特に 「ただのゲームでここまで楽しめるのはない」 と喜んでいるのがポケモンGO。

                                             

                                             確かにそうだけど そんなに面白いとは思わない…私 どうぶつの森が好き。

                                             

                                             昨日は いつもあんまりでないポケモンが沢山でるとかで 公園が凄い人だった。

                                             

                                             もう下火になって そんなにやっていないんだと思っていたら なんのなんの。

                                             

                                             花粉症でもマスクをして 来ているらしき人までいて 鼻をすすりながら歩いていた。

                                             

                                             私も 暇な時にやるぐらいだけど 昨日は一生懸命ゲットしました。

                                             

                                             そんな中 昨日は暖かかったからか 見たことないちょうちょが私の足に止まりまして

                                             

                                             ポケモンどころではなくなった私…

                                             

                                             逃がさないように 静かに でも思いっきり早く来いとアピールして 夫を呼び 足に止まった ちょうちょを見せました。

                                             

                                             夫 「ルリタテハだ 珍しい」

                                             

                                             よく名前わかるな〜 と感心しながら写真をカシャ。

                                             

                                             「ほら 俺がよく使うちょうちょだよ」

                                             

                                             家族でしりとりをするとき 夫は 初めの文字を「る」で攻めてくる。

                                             

                                             「る」で終わらせて 人に「る」から始まる言葉を考えさせる。

                                             

                                             夫は「る」で始まる言葉をポンポンいう。私は「る」が難しくて 家族もみんな勝てない。

                                             

                                             こっちも負けじと 「る」 で始まらせようと攻めるが 夫に ルリタテハで逃げられる。

                                             

                                             「ああ あの時の ルリタテハね」

                                             

                                             本物を見たのは 初めてだ。写真 私の太い足と一緒にどうぞ。

                                            comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                            ステキな景色
                                            category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                            0

                                              No.150

                                                                                   JUGEMテーマ:日記・一般

                                               

                                               

                                               今日は良い天気だった。

                                               

                                               空気が濁っていなくてクリアーで 遠くの雪山がくっきりと見えて 近くに感じ 美しかった。

                                               

                                               写真を撮ろうかと思ったが 良い場所がなかった。山の中腹まで行けば 反対側の山の 良い景色が取れただろうけど。 

                                               

                                               気分を切り替えるために 今日は午前中 自転車で本屋まで行った。ほしい本の発売日だと 昨夜見つけて

                                               

                                               車で行こうと思ったが なんか急に 体を動かそう って 思い付きで行ってしまった。

                                               

                                               いや〜久しぶりの自転車は辛くて 途中で後悔。股関節が痛い 膝が痛い。

                                               

                                               ゆっくり漕いでいたら なんとか目的の本屋さんへ着き 本を探すと ない…ない。

                                               

                                               ガッカリしながら どうしようか もう一軒行ってみるかと頭をよぎったが 身体に聞くと無理だった。

                                               

                                               一回 家に帰り 結局 車で違う書店へ。何やっているんだろう…

                                               

                                               ほしい本を手に入れて 家に帰ってきたら 今度は買い物忘れがあり また外出。

                                               

                                               スーパーを歩いていると 股関節の調子がいいなあって思う。自転車効果かな。

                                               

                                               疲れちゃって ご飯を作る元気がでない。

                                               

                                               ああ それにしても あの景色 どうにかして ずっと見ていることはできないものか。

                                               

                                               明日 同じ景色がみれるとは限らないからね。

                                               

                                               何年先も この景色がみれることも保証がない。建物が経ってしまえば 山が隠れちゃって見れなくなる。

                                               

                                               今 この時を 刻んでいきたい。なんか毎年 思ってないかな???

                                               

                                               刻むことができず 毎年 同じ景色見て 初めて見たようなこと言って 新鮮で笑っちゃう。 

                                               

                                                

                                               

                                               

                                               

                                               

                                              comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                              きっと低気圧のせい
                                              category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                              0

                                                No.149

                                                                                                                                                                   JUGEMテーマ:日記・一般

                                                 

                                                 

                                                 21.22日の春の嵐は怖かった〜 風で家が倒れるのではないかと 本気で心配した。

                                                 

                                                 雪はちらっと降っただけで済んで ほっとした。

                                                 

                                                 珍しく私が 冬用タイヤから夏用タイヤに早めに交換したので降ったのかな?

                                                 

                                                 具合はまだスッキリしない。噛んで傷になったところがなかなか治らない。

                                                 

                                                 父は どうしたかと思って 一昨日 電話したら まだ喉が痛い 痰がでるが熱はない と言っていた。

                                                 

                                                 熱が下がったばかりなのに 友達の集まりに行くというので止めた。

                                                 

                                                 「まだインフルエンザのウイルスは 身体に残っているんだよ」 と 説得。

                                                 

                                                 「そうか なら 行かないでおくか」 と言うから よかったと思った。電話してなければ行っていたのかね。まったく。

                                                 

                                                 低気圧のせいかな あんまり調子が良くなかったが 昨日の午後から頭痛は治った。

                                                 

                                                 洗濯物も いっぱいできて 昨日は結果的に良い日だった。洗濯物ができる日は良い日なのだ。

                                                 

                                                 先日 動画を観ていたら ポジティブとネガティブを 切り替える方法。なるものを見つけてみてみた。

                                                 

                                                 その動画で言っていたのは 気分がネガティブになったとき ポジティブにするには

                                                 

                                                 利き手の 使っている手を 逆の手に代えて 使う ということだった。

                                                 

                                                 さっそく 箸を左に代えてみた。左手での箸は 遅いけれど使えなくはない。

                                                 

                                                 昔 やっていた競技で バランスを鍛えるために 左を使うようにしていた時期があった。

                                                 

                                                 しかし PCのマウスはこんがらがってしまい無理。

                                                 

                                                 これがいいのかな〜 できないものを 一生懸命考えるからも ネガティブなこと考える暇が亡くなるからね。

                                                 

                                                 まだ 子供1号のネガティブが私の中に残ってしまっていて 自分を責め 辛くてしかたないので そんな動画を探しました。

                                                 

                                                 子供との 楽しい思い出が消えていくようだ。子供たちと過ごした日々は 楽しかった。子育ては 楽しかったはず。

                                                 

                                                 ただ あの頃 私は戦っていた。余裕がなかった。

                                                 

                                                 義父母は 若くて強かった。

                                                 

                                                 夫の家に入ることは 自分を殺すこと…それを破ろうと必死だった。今じゃ私の方が強い!!いかーん。

                                                 

                                                 私の性質が 自由人だから 昔からの農家で 体 泣かせてきたような 違う価値観のところに閉じ込められるのは辛かった。

                                                 

                                                 子供が生まれるまでは 良い嫁してたんですが 

                                                 

                                                 母が 私の祖母が亡くなるまで我慢し続けて ネガティブで精神が不安定だったので 「私は我慢しない」と決意し

                                                 

                                                 傷つくことを されたり言われたら 直ぐに言うようにしました。

                                                 

                                                 すぐ忘れちゃううちの義母だから 喧嘩してもケロッとしてて また同じことで傷つけられる。

                                                 

                                                 もう何回も 義母とよくケンカしました。今もします。それでも ケロッとしてます。だから私はここに居られるのかな。

                                                 

                                                 あと 下の子が生まれた次の年 妹が亡くなり これがショックで 3年ぐらい引きこもりの鬱っぽかったかな…

                                                 

                                                 暗い出口のない 壁のない底に ひとり座っているようでした。

                                                 

                                                 でも 夫や子供の存在に救われました。この間は どうやって子育てしていたのか 覚えていないんだよね。

                                                 

                                                 過去の記事に書いてあると思うけど まだ 妹のことは詳しくは書けないな。

                                                 

                                                 多分書かない。せっかく浮上できたのだから もう そこに戻りたくない。

                                                 

                                                 多分そのころ 暗い顔していた私を 怖いと思っていたのかな…子供1号。

                                                 

                                                 そんなこと 子供に言っても言い訳になっちゃうから

                                                 

                                                 まだ話してないんだけど どうしたもんかな…話したほうがいいのかな…ものすごく悩む。

                                                 

                                                 簡単なので 左右の手を入れ替えて 使う事を やってみようと思う。

                                                 

                                                 ネガティブ気分も きっと低気圧だからだろう。

                                                 

                                                 人やトラウマのせいにするとよくないから 天気のせいにしておこう。

                                                 

                                                 

                                                 

                                                 

                                                 

                                                 

                                                 

                                                 

                                                 

                                                comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                                父 風邪と思いきや
                                                category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                                0

                                                  No.148

                                                                                                                                                         JUGEMテーマ:日記・一般

                                                   

                                                   

                                                   私の風邪はかなり良くなりました。

                                                   

                                                   今 辛いのは 噛んでしまったところが 大きな口内炎になっていること。

                                                   

                                                   私の の の 風邪 って強調して 今日の話に入ります。

                                                   

                                                   一昨日 例のうざメール弟から 電話が来て (No.16参照)

                                                   

                                                   「父 風邪で具合が悪くて 明日 俺 仕事で夜までいないから 気にしてて」 と言われた。

                                                   

                                                   一昨年 母が亡くなって 父のそばに付いている人がいないのは分かるが

                                                   

                                                   弟夫婦は 父と同居しているわけだ。奥さんも子供もいるのに 私に「気にしてて」って どういう言い方だろうか?

                                                   

                                                   うちの義母より父は 8歳も若い。

                                                   

                                                   姉だから… 父の子だから… 実家だから… 見るのが当然… ん〜なんか引っかかる。

                                                   

                                                   なぜ 私に言うのか…結婚して なん十年離れて暮らしていると思っている?

                                                   

                                                   私は遊んでいるとでも 思っているのかな…

                                                   

                                                   うちにも義母がいるんですけれど…

                                                   

                                                   電話で 私 「子供じゃないんだから 自分がいない時まで心配しなくても大丈夫だわ」

                                                   

                                                   弟 「医者に行けっていっても 行かない。どこかで医者の出す薬は危ないから飲むなって言われて信じてる」

                                                   

                                                   「言うこと聞かないんだったら 亡くなったらそん時までだから 仕方ない。過保護にするな」 って言ってみた。

                                                   

                                                   弟 「お母さん 生きていた時よく言ってたわ ねーちゃんはドライだって」 捨て台詞 吐いてるわ!!ムカッ。

                                                   

                                                   はっきり 冷たいって言えば〜。

                                                   

                                                   自分が育てた子なんですけどね〜そう育てられたんですけどね〜 って 生きてたら言ってたね。

                                                   

                                                   弟みたいに エコひいきされて ネコっ可愛がりされなかったんだよーだ!!(No,43.44あたり参照)興奮してきた。

                                                   

                                                   自分の思い通りにならないと 私や妹のことを悪く人に言いつけて さも 悪い人間のように言う母です。

                                                   

                                                   やっぱり 弟にも言ってたんだな きっと義妹にも私のこと悪く言っているよ。

                                                   

                                                   だから実家を 母を 敬遠していたのに。死んじゃった人にはぶつけられないね。負の遺産残しやがって って感じだわ。

                                                   

                                                   父は 自分で歩いて 車も運転して 好きなところへ行ける 交友範囲も広いんだから 好きにやらせておけばいい。

                                                   

                                                   それに 私が一番ひっかかり 嫌なのは 弟の家族がいながら その家に私が入っていくこと。

                                                   

                                                   二世帯住宅になっているけれど 母が亡くなってからは 義妹がごはんを作ってくれて 一緒に食べているらしい。

                                                   

                                                   義妹は 仕事をバリバリするキャリアウーマンで 

                                                   

                                                   夜 遅くなったり 土日に仕事で出ることもあり 弟も食事を作るらしい。

                                                   

                                                   私にうざメールを送ってくるときは どうも義妹がいない時のようだ。

                                                   

                                                   母は生前 義妹が仕事で帰りが遅くなるからと 弟家族のために 夕飯のおかずを作っていた。

                                                   

                                                   私は 「二世帯住宅なのだから やってあげなくてもいいのでは? やり過ぎだ」 と 言ったが

                                                   

                                                   不安で心配性の母は 弟夫婦を手放せなかったのだろう。過去に書いたブログを読んでもらえばわかると思う…

                                                   

                                                   でも でもです。その根底にある本心がわかったのは 母が一時ではあるが 退院してきたときだった。

                                                   

                                                   私は 身体を動かしたほうが良いかと思って 「自分でごはん作れば?」といってみたが

                                                   

                                                   「いっぱいやってあげたんだから こんな時ぐらい作ってもらわなきゃ」と言っていた。

                                                   

                                                   そうか…そういうことか。恩を売っておいたのか。義妹に。 恩を押し付けているようだったがね。

                                                   

                                                   義妹も仕事が忙しいから 断らずに 甘えていたからお互い様だったわけだ。 

                                                   

                                                   ちょっと話がそれちゃった。父の話だった…

                                                   

                                                   弟へ 電話で言えなかったので メールで 今までの思ったことをぶつけた。

                                                   

                                                   うちにも義母がいる事 嫁いだ家はどうするんだということ

                                                   

                                                   不定期だけど仕事しているんだ ということ 私が父の面倒を見るなら 夫や義母に頼んで行かなきゃならないこと

                                                   

                                                   うちの義母なら

                                                   

                                                   「△△ちゃんたち(弟夫婦)仕事していて お父さん見れないから ○○ちゃんがこっちの仕事しないで行くの?」

                                                   

                                                   って 絶対言うよ。 と いうこと


                                                   もし 「親なんだから 子供のお姉さんがみて」 というなら そちらの家に上がることになるから お嫁さんとも話したい 

                                                   

                                                   お嫁さんがやってくれないの? もしそうなら 関係悪くなっても 私がバシッというけど…と言った。

                                                   

                                                   親のことで大変なのは 弟夫婦だけじゃない ということも。

                                                   

                                                   言ったらスッキリした。弟も 「わかりました」と返信が来た。うるさいからどうでもよくなったのだろうが まあいいか。

                                                   

                                                   夫に 弟のことを話したら 

                                                   

                                                   「お父さん見てなんて冗談だろ〜 はいはいって言っときな」 だって。人のことだと思って 男ってやつは。

                                                   

                                                   ↑は 一昨日の夜の出来事。

                                                   

                                                   昨日 それでも 心配になって 午後に電話をしてみた。

                                                   

                                                   すると 父 医者から帰ってきたところで 「インフルエンザだった」 と言っていた。

                                                   

                                                   父に 弟へ知らせるか聞くと 「ああ」といっていたので メールした。

                                                   

                                                   弟から返信 「ありがとう。だから医者行けっていったのに 聞かないから」とのこと。

                                                   

                                                   そして 今日 マスク二枚して アルコール消毒持って ゼリーとOS1(口からの点滴)とバナナとヨーグルトなどなど

                                                   

                                                   買って 持って行った。私も風邪ひいてるので 顔見る程度だけど…

                                                   

                                                   寝てた。

                                                   

                                                   野生のクマが完全に インフルにノックアウト食らって のびてたわ〜 (No.85参照)

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                   

                                                  comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                                  追い出し作戦失敗だった…
                                                  category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                                  0

                                                    No.147

                                                                                                                                                                   JUGEMテーマ:日記・一般

                                                     

                                                     

                                                     風邪を引いたせいなのか 昨夜 たびたび起きてしまって 朝までぐっすりとはいきませんでした。

                                                     

                                                     衝撃だったのは まだ いました。ネズミらしき動物が 天井 壁の中に。

                                                     

                                                     寝ている部屋の天井ではないところで 動いている音がしていて気になって つい耳を澄ませてしまいました。

                                                     

                                                     家の構造で ミントスプレーをした天井裏や軒下とは分離された壁があって その中にいるのかと想像しています。

                                                     

                                                     もうこうなったら 音のする壁にあるスイッチを外して 噴射してみようかな…漏電しないようにしなきゃ。

                                                     

                                                     ああ 具合がよくない。体の中に ウイルスが入り込んでいる感じがするよー。

                                                     

                                                     

                                                     

                                                     

                                                     

                                                     

                                                    comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                                    ミントスプレー効果現れる
                                                    category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                                    0

                                                      No.146

                                                                                                                                                                         JUGEMテーマ:日記・一般

                                                       

                                                       

                                                       No.119 144 などなどで書きました 家に住み着いた動物が

                                                       

                                                       市販のミントスプレー他による 追い出し作戦により 居なくなった模様…

                                                       

                                                       二夜連続で(ドラマか!!) 静かな夜を過ごせました。

                                                       

                                                       軒下に噴射したミントが効いたのかな? 春一番らしき風が舞い上げて 家じゅうに臭いを拡散してくれたのかもしれない。

                                                       

                                                       とりあえず ここでやめるのではなく あと一回 噴射しておこうと思う。

                                                       

                                                       ハーブを匂いを好む生き物は 少ないようだ。

                                                       

                                                       なんと ゴキブリのような虫にも効くらしい。(生きているのを見たことない)

                                                       

                                                       一番良いことは 人体に影響がなく 吸っても大丈夫なこと。

                                                       

                                                       殺さず 追い出せるなら こちらも あちらさんにも良いのではないかな?

                                                       

                                                       ネズミらしきその動物 うちに来る前はどこにいたの? ここを出てどこに行くやら…

                                                       

                                                       想像だけど 何年か前に 近所で 市の運営していた菜園がなくなって 最近 そこに新築の家が建ち始めた。

                                                       

                                                       菜園の時 借りている人が 残飯や野菜を埋めて肥料にしていたから そこをねぐらにしていたんではないかな…

                                                       

                                                       食料はあるし 寝床もある。猫やカラスはいるけれど 人間がいるから天敵に襲われにくい。

                                                       

                                                       そこを追い出されて うちのような 昔ながらの隙間のある家に入り込んだのだろう。

                                                       

                                                       その菜園があるときは ネズミらしきものが天井で暴れることはなかったから。

                                                       

                                                       うちは住みにくいところだと 教えていかなきゃ。長い戦いになるかもね。

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                       

                                                      comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                                      成田くんやったー!!
                                                      category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                                      0

                                                        No.145

                                                                                                                                                                             JUGEMテーマ:日記・一般

                                                         

                                                         

                                                         今日は寒い。昨日までの暖かさがどこかへ行ってしまった。

                                                         

                                                         この寒さが正常なのだろう。昨日までが暑すぎた。

                                                         

                                                         動物追い出し作戦 ミントとネズミの嫌いなスプレーは 昨夜 効いていなかった。残念。

                                                         

                                                         何かが動いていた。ただ 動いていた音が いつもより遠く感じたので 今夜はいなくなっていることに期待したい。

                                                         

                                                         義母が昨年 収穫した大豆を さやに付いたまま乾燥させて 大きな塵取りみたいなものに入れて 地面に置いてある。 

                                                         

                                                         大豆がさやからこぼれていて てんてんと落ちている。もう何回か拾った。

                                                         

                                                         「ネズミらしき動物が 天井で固い小さなものを カチン!と落とす音がするから かたずけてほしい」 と

                                                         

                                                         昨年から かれこれ三回ほど 頼んでいるのに聞き入れてくれず 相変わらず外に放置してあるので

                                                         

                                                         食べ物を置いておく人間が悪い! と腹が立ち 先日 義母には黙って 大きなビニール袋を買って来て 

                                                         

                                                         さやごと入れて 入り口をガムテープでふさいでおいた。

                                                         

                                                         今日になって 義母 気が付いて 「○○ちゃん 豆 袋に入れたんだね」 っと ケロッとしている。

                                                         

                                                         あんたがやらないからだろー! と 思ったけど言わなかった。

                                                         

                                                         ほんと うん十年も よく出て行かずに一緒に暮らしているわ〜 出て行こうとしたこともあったけどね。

                                                         

                                                         あーさて 今日 書きたかったことは…

                                                         

                                                         成田緑夢くん 金メダル おめでとうー!

                                                         

                                                         パラリンピックこそ 国力や技術力がわかります。

                                                         

                                                         そして ハンディを背負った方が活躍できる社会は その国の円熟度を示しているのだと思います。

                                                         

                                                         日本はまだまだ。 だけど 成田くんのような 明るくてイキイキしている子が出てくると 

                                                         

                                                         これからの未来は明るい。日本を 円熟した社会に 変えるんじゃないかと期待します。

                                                         

                                                         東京オリンピックに名乗り出た時 震災後すぐだったので

                                                         

                                                         そんな場合じゃないだろう…それよりも 復興が先だろう 何故 今 オリンピックなんだ?

                                                         

                                                         と 疑問に思っていました。今も 何故なのか疑問が残っていて。

                                                         

                                                         その理由は オリンピック開催国は 江戸時代の参勤交代のような物だから やらないほうがお金を使わなくていい

                                                         

                                                         国力が弱くならない と 思いました。でも 決まってしまったものは仕方ない。

                                                         

                                                         運営 選手を 思いっきり応援するので 素敵なオリンピックになってほしい。

                                                         

                                                         日本の選手の活躍 技術 おもてなしの心 観光 を世界にアピールしてほしい。

                                                         

                                                         成田くんも 東京オリンピック目指しているそうだ。冬季と夏季 楽しみです。

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                         

                                                        comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                                        天井の動物追い出し作戦開始
                                                        category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                                        0

                                                          No.144

                                                                                                                                                                            JUGEMテーマ:日記・一般

                                                           

                                                           暑いですね。どうなっちゃっているのでしょうか。5月の陽気です。

                                                           

                                                           さて 以前に何回か書きました 正体不明の 天井と壁の中にいる何らかの動物を

                                                           

                                                           暖かくなってきたので 追い出そうと作戦を開始しております。

                                                           

                                                           冬の間は寒くてかわいそうだから 追い出さずに 暴れていても我慢しておりましたが

                                                           

                                                           もう 暖かいので そろそろ出て行ってもらっても 生きていけるでしょうから 今週からスプレー作戦開始。

                                                           

                                                           昨年の夏にも 二階の屋根の空気口から ネズミが嫌いだというミントスプレーを四本もやりましたが

                                                           

                                                           今冬に 暴れてくれたので 効果なかったのですが

                                                           

                                                           もう一回 今度は 軒下にミントスプレーを噴射し 

                                                           

                                                           その他にも ミントスプレーよりも かなりお高いスプレーで ネズミが嫌がる臭いと書いてあったものを

                                                           

                                                           ベランダから 屋根に出て 瓦をきしませながら登り 二階の屋根の空気口に 噴射。

                                                           

                                                           これで効くだろうか…まあダメでも仕方ないかな。出て行ってくれるとありがたい。

                                                           

                                                           ミントスプレーは一本 約800円。もう一つの臭いスプレーは一本3000円もする。

                                                           

                                                           効いてもらわないと お金が…

                                                           

                                                           さっき 夫が帰って来て 「外 ミントの匂いが凄いんだけど…」 と言いながら部屋に入ってきた。

                                                           

                                                           「あれ 漏れてる? 噴射したの 軒下のはずなんだけど…」 

                                                           

                                                           今回も ネズミ追い出し作戦 期待しないでおこう。

                                                           

                                                           でも 本当にネズミなのかな… そもそも何の動物が 天井で暴れているのかわかっていない。大丈夫かな…

                                                           

                                                           

                                                           

                                                          comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                                          BLUE GIANT SUPREME4
                                                          category: 今 夢中な世界 | author: 日曜日コロン
                                                          0

                                                            No.143

                                                                                                                                                                                    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

                                                             

                                                             

                                                             BLUE GIANT SUPREME4 石塚 真一さん 出てました!

                                                             

                                                             先日 書店へ行きましたら 出てたー!!発売日チェックせず 書店に行ってチェックしているので 

                                                             

                                                             発売されていると 不意打ちで うれしい。

                                                             

                                                             いよいよ 癖の強い仲間が出会い一つに。面白くなってきました。もともと面白いけれど。

                                                             

                                                             個性的な我の強そうなメンツで まだこれから 波乱が起こりそうな感じですが

                                                             

                                                             このメンバーで 世界一のジャズバンドを目指すことになるのでしょうか…

                                                             

                                                             ストーリーの進むスピード感がいいですね。字から音が聞こえてきます。そんな感じがする…

                                                             

                                                             大(ダイ)に思い切り 美味しい物食べさせてあげたい…

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

                                                             

                                                            comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                                            3月11日
                                                            category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
                                                            0

                                                              No.142

                                                                                                                                                                                  JUGEMテーマ:日記・一般

                                                               

                                                               

                                                               毎年 この日がくると あの衝撃がよみがえる。

                                                               

                                                               きっと誰もがそうなんだ。日本列島を襲った地震のエネルギーが広範囲で大きかった。

                                                               

                                                               あの瞬間 どこに居て 何をしていた時に揺れを感じたかと過去をたどる。

                                                               

                                                               東日本を襲った津波を知った時の衝撃。

                                                               

                                                               あの 豊かな土地 豊かな海の 福島原発の衝撃。

                                                               

                                                               震災前に 家族で福島へ旅行に行った。 猪苗代湖の近くで泊まり 野口英雄の御実家 鍾乳洞

                                                               

                                                               アンモナイトを探し サメの歯の化石を見つけ 水族館でのいわしの大群とシーラカンスの展示 

                                                               

                                                               貝に盛られたウニ 刺身 猪苗代湖へ帰ると 山の幸と馬刺しが出てくる。

                                                               

                                                               海の幸 山の幸 穏やかな気候。どれをとっても素晴らしい土地だ。「ここに住んでもいい」 そう思った。

                                                               

                                                               なぜ そんな素晴らしい場所に原発を作ったんだ?

                                                               

                                                               もう一度 今ある原発を見直す必要を 震災後ひとり考えた。

                                                               

                                                               福井へ家族旅行した時も 原発のある場所の施設へ遊びに行った。やはり良い場所だった。

                                                               

                                                               岐阜へ遊びに行ったときもそうだった。

                                                               

                                                               それは 原発があるからなのか 原発がなくても 良い場所なのか 原発が出来てから行ったのでわからない。

                                                               

                                                               原発に危険性と それと同時に 電気のありがたさも 肌身にしみて実感した震災だった。

                                                               

                                                               暗いとき 電気が付くと 心まで明るくなる感じがする。寒いとき スイッチひとつで暖房がつき 冷えた足が温まる。

                                                               

                                                               この どうしようもない裏と表を どちらが裏でどちらが表なのかわからないが 

                                                               

                                                               もっと安全なものにできないものか。 その研究は 資源のない日本では 未来に向けて必要な気がする。

                                                               

                                                               現在ある原発は まだまだ未熟な研究途中なのだ。あの形が 完成ではないんだ。

                                                               

                                                               全くなくしてしまうことも あり だとも思うけれど 電気は絶対必要。主婦は電気がないと家事が大変。

                                                               

                                                               このジレンマ どうしたものかね。だれか原発が絶対安全 人間がコントロールできるように 発明してくれないかな〜

                                                               

                                                               復興が終わり 東北の人たちが 穏やかに日常を暮らせる日々が 一日も早く訪れることを願っています。

                                                               

                                                               子供1号は 今 東北にいる。震災後に行ったのですが 行ったことのない私は 東北を見もせずに

                                                               

                                                               子供1号が進路を決めるとき まだまだ地震がおこるのではとか 放射能は大丈夫か と心配した。要らない心配だった。

                                                               

                                                               三年経って 何事もなく暮らしている。

                                                               

                                                               人間は凄い。前を向いて 震災をしまい込んで 今日を懸命に生きている。

                                                               

                                                               でも 本当は 沢山 あふれそうな傷を抱えているのだろう。

                                                               

                                                               震災で傷ついた心と経済的支援は 今後も絶対必要だ。 

                                                               

                                                               日本は 世界一のあらゆる自然災害の防災大国になって 備えや救助 傷ついた人の心の癒し方とか 

                                                               

                                                               最新の防災グッズなど 輸出して 世界に貢献したらいいのに。

                                                               

                                                               地球の歴史 自然災害を数十年 千年 万年 億年いつあるかわからないのだから 世界各国 戦うべきは 人じゃないのにね。

                                                               

                                                               

                                                               

                                                               

                                                               

                                                               

                                                               

                                                               

                                                              comments(0) | - | PAGE TOP↑
                                                              new old
                                                              PR
                                                              SELECTED ENTRIES
                                                              CATEGORIES
                                                              ARCHIVES
                                                              LINKS
                                                              PROFILE
                                                              OTHERS
                                                              SEARCH