最近のこと 書いていこうと思います。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
<< 父に電話してみた | main | 神聖なフィールドで >>
選手たちの声を待つ
category: 空っぽを埋めるには | author: 日曜日コロン
0

    No.171

                                                                                                             JUGEMテーマ:日記・一般

     

     

     子供1号との親子ケンカ 言うだけ言って 向こうがすっきりしたのか 普通の文でメールを送ってきた。

     

     言われた私は もやもや〜と引きずり 辛いですが 

     

     あのときのことだ!! って 全部覚えているので 言われて納得できることばかり。

     

     私の反省と謝罪を受け入れてくれたのかな?

     

     子供1号 私から受けた心の傷を話すと ばらばらだったピースが埋まっていく感じがすると言っていた。

     

     埋めてくだされ〜 聞きますよ。 私 反省したことは覚えてるからね。

     

     違うことは修正していく。昔の記憶は時々 作り上げちゃってることがあるから。

     

     そして 過去は すべて財産。誰かが言っていた…  

     

     それを言ってあげたい。自分にも 子供1号にも。良い思い出も 辛い思い出も 自分の財産。

     

     さて 本題。

     

     日大VS関大アメフト えらいことになっておりますね。

     

     アメフト大好きで 東京ドームへNFLが来た時 3年ぐらい続けて見に行きました。

     

     日大がこんなに遅れている ひどい大学だとは思わなかった。

     

     事故の あとの対応が悪いこと…こんな組織あるんですね ビックリです。

     

     大きくなりすぎたんじゃないでしょうか 組織が。

     

     監督のお粗末さに呆れました。私のいたチームの監督にそっくりで 腹立ってきました。

     

     私もチーム内でいじめのようなあつかいを受けましたから。

     

     期待してとかではなく見せしめで 私と3歳上の先輩の2人だけ 試合に出してもらえない。

     

     練習でも 外れさせられたりして ここになぜいるのかと わからなくなりました。

     

     監督やコーチは チーム内で ダメな人間を作り出し いじめて見せしめにして

     

     チームをまとめようとしているのではないでしょうか? 教えられない力のない監督がやることです。

     

     そして 恐怖で自分に忠実なチームに仕立てる。

     

     人間は 表面では従うかもしれないが 恐怖で支配しようとする人間には 心の中では跪かない。

     

     自分のいたチームは アメフトではないけれど 軍隊のような監督でした。

     

     行動では従っても 心の中では 絶対見せないようにして反抗してました。

     

     謝罪会見した学生さんが 監督やコーチから追い込まれていたというのを理解できます。

     

     久しぶりに 震えました。堂々と発言したこと…監督とコーチに腹が立ち

     

     怪我された選手の方が 完全に治ることを祈ります。

     

     監督とコーチは 自分の胸に手を当てて考えてほしい。魂に背くことは 精神を蝕む行為です。

     

     そして 日大の選手のみなさんは 近くで見ているはず。ここで声を上げなければ

     

     それこそ 社会に出てから何を言われるか わかったもんじゃない。

     

     正しいことを 選手みんなで声を上げるべきです。組織に負けないで。国民みんなが見守っています。

     

     アメフトじゃなく ラグビーだけど… 今こそ…

     

     一人はみんなのために みんなは一人のために…  英語がわからない。がんばれー!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    スポンサーサイト
    category: - | author: スポンサードリンク
    0
      - | - | PAGE TOP↑